乳首の黒ずみの原因と改善方法について

女性を悩ます肌のダメージとして代表的なのが、黒ずみではないでしょうか。黒ずみは、顔だけではなく、体の至るところに現れます。乳首も例外ではありません。

乳首が黒ずんでいると、遊び人だと思われてしまうことがありますが、医学的根拠は一切ありません。とは言っても、乳首は黒ずんでいないピンク色が良いことに、変わりはありませんよね。

乳首に限ったことではないのですが、肌を黒ずみへと導いているのは、メラニン色素です。日焼けをすることによってメラニン色素が活発になるイメージをお持ちの方が多いのですが、生まれつきの体質によって、メラニンの数や比率も変わってきます。なので、日焼けは関係ないのです。乳首が日焼けをするというのは、考えづらいことですし、実際に黒ずみに悩んでいる方は多いはずです。

メラニン色素は、紫外線を浴びることにより、活発に活動します。夏に日焼けしても、一定期間経過すれば、落ち着きますが、黒く残ってしまうケースもあります。これは、新陳代謝が上手くいかずに、本来であれば剥がれ落ちるはずの角質やメラニンが残ることがあるのです。これが、まさに黒ずみの原因なのです。

乳首の黒ずみは、人に気軽に話せるものでありません。そして、温泉やスパなど、身体を晒すシーンにおいては、コンプレックスをさらけ出すようなものです。楽しいはずのことが楽しくなくなってしまうこともあるでしょう。

そんな悩める女性達のために、乳首をピンク色へと導いてくれるクリームも多数販売されています。乳首を刺激から守ってくれ、色素を薄くしてくれる効果が期待できるので、こういったクリームを取り入れてみるのも良いでしょう。

体重は減らしたいけどバストは残して痩せたい

ダイエットしたら胸だけ減ってしまったと言うのは、女性なら一度は経験のあることではないでしょうか。減って欲しいお腹の肉はそのままで、何故か胸の肉から無くなっていってしまう、胸はそのままでお腹や太ももの肉を減らしたいのに、上手くいかないと嘆く方も多いでしょう。女性の共通の悩み、と言ってもいいのではないでしょうか。

普通のダイエットではどうしても、この問題を解決するのは難しいです。単に食事でダイエットとか、もしくは運動でダイエットしたとしても、バストだけ残して体重を減らすのは至難の技です。特にバストは残して、ウエストや太ももの辺りは痩せるのが理想だというのは、理想で終わってしまうことが多いでしょう。

なのでこういう場合、プロの手を借りるのも悪くないのではないでしょうか、つまり、痩身エステの利用です。痩身エステの大きな特徴は、希望する部位を痩せることが出来るという点です。どちらの痩身エステも、バストは残して他の部分のダイエットが出来るというのを、特に大きくキャッチフレーズにしています。これなら、ウエストを細くして太ももを引き締めて、でもバストはそのままと言う事も可能ですね。自分でやるのとは違って、気持ちよくしかも肌のケアまでしてくれるので、無理なく必要な部分が痩せられてバストは残すことが出来ます。

ただ問題点としては、やはりそれなりの料金がかかるということです。それでも構わない、何としてでもバストは残してそれ以外の部分は痩せたい、という方には痩身エステで施術してもらうのが、最も面倒のない方法かもしれません。