思春期のあの行為がバストのサイズアップに繋がる!

皆さんは自分のバストのサイズに満足していますか?もう少し大きくしたい、もっと大きくしたいと人によって理想のサイズは違うものです。今回はバストのサイズアップ方法についてご紹介します。

成長期のサイズアップ

バストは思春期に発育し大きくなっていきます。この思春期の期間で大きくすることができれば将来的に困ることはないでしょう。
バストのサイズは遺伝によって決まるものではありません。誰しも大きくすることができるのです。
ではどうやって大きくするのか。それは睡眠です。しかしただ睡眠をとっていればよいというわけではありません。寝ていなければいけない時間帯があるのです。それが夜の10時から2時の間です。この4時間は女性ホルモンが多く分泌される時間帯でありバストの発育にも大きく関わってきます。中高生ともなると夜更かしをしたいという気持ちはあると思いますが、夜は早めに寝るようにしましょう。

成長期を過ぎたサイズアップ

とはいっても、成長期を過ぎた自分はどうすればいいんだという考えに至ってしまいますよね。そんなあなたにも良いサイズアップの方法があります。それは「揉む」ことです。この行為はあながち間違いではなく、揉むことによってバストの乳腺が刺激されます。乳腺が刺激されれば女性ホルモンが分泌されるのです。そして女性ホルモンが分泌されればサイズアップに繋がるというわけです。揉むという行為はマッサージの中でもあるように体の疲れを癒したりする効果もあります。

さいごに
いかがだったでしょうか。思春期を過ぎた方も、そうでない方も自分の理想のバストに近づくことができればいいなと思っています。無理のないバストのサイズアップをしてくださいね。

生理前にバストが腫れたような感じになったりしませんか

生理前というのはただでさえ、気持ちも落ち着かなく体の調子もちょっとおかしくなったりするものです。ホルモンバランスが崩れるのですから、まあ当たり前のことだと思えばいいいのですが、中々そのあたり割り切れるものではありません。特にバストが何となく、腫れたように痛くなったりするのは本当に嫌なものですね。

生理前にバストに違和感が出る人というのは、決して少なくありません。実際感じだけでなく、ちょっとサイズも大きくなることもあるでしょう。気になるあまりにあれこれ触ってみたりする人も、結構いるはずです。でもここはちょっと我慢して、あまりいじりすぎないようにしておきましょう。多分何時もより少し、バストが固くなっているような状態でしょうから、ソフトなマッサージをしてあげると違和感も減ります。このマッサージですが、本当に撫でる程度の強さで、円を描くように優しくしてあげるのがコツです。決して強く揉んだりしないようにしましょう。摩擦の問題もありますから、オイルを使用するのもいいかもしれません。お風呂上がりのリラックスタイムに、撫でるように優しくマッサージしてあげれば、次の日には楽になっていることでしょう。

またこの生理前の時期、下着にも気をつけましょう。決して締め過ぎることの無いような下着を、つけてあげてください。勿論ブラジャーも少し緩めのものとか、スポーツ用の芯の入っていない柔らかな、ストレッチのよく利く素材のものを選んであげましょう。何時もより大きくなった状態の場合は特に、生理前専用のブラジャーを用意して上げることもまた、おすすめです。